« 咳払いが気になる | トップページ | 発端は »

2007年12月 3日 (月)

布団を叩く男

Picture11  自分が住んでるアパートの目の前に立ちふさがるように3階建てのアパートが建っており、ちょうど目の前の部屋にある男が数年前に引っ越してきました。それだけならどうってことはないんですが、引っ越してきていきなり、夜明け頃、あたりに響くように咳払いが聞こえてきました。これはしばらくたってやみましたが、これまでの経験で自分に対する嫌がらせだと思います。それは聞かせるためにやっているようで、こちらが出かけようとする時間に限って聞こえてきました。通常の咳払いではありません

 それが、終わったと思ったら「奈良の騒音おばさん」の一件以来、急に布団を干しだし、わざとらしく布団たたきをしだしました。単身赴任のような男なのですが、多い時には、一週間に何回も布団を干し、わざとらしく叩きます。通常の頻度ではとてもありません。また、無理やりと言うか、夏など朝6時過ぎの日も当たらないうちから干しだしたり、雨が降りそうでも無理やり干したりととても尋常ではありません。

 それ以外にも、洗濯物をこれ見よがしに干したり、朝のある時間に咳払いをしたりと、それ自体は、ありふれた行為ですが、そのやり方がどうもわざとらしいのです。

|

« 咳払いが気になる | トップページ | 発端は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502264/17262973

この記事へのトラックバック一覧です: 布団を叩く男:

« 咳払いが気になる | トップページ | 発端は »