« 晴天 | トップページ | 雨・・・ »

2008年4月23日 (水)

留守かな

 今日はどんよりとした天気だが、布団を干せないほどではなかったが、布団干しはなかった。これはむしろ珍しい。

Imgp0575s

 自分が受けたストーカーを思い返してみると、リストラストーカーからはじまり、立ち寄るスーパー、散髪屋、本屋、飲食店、その他、立ち寄るそこここで誹謗中傷を言いふらし、敵愾心さえ起こさせるように仕向け、当てつけるような物音や咳払いを浴びせるようになる。他人には気にならないかもしれないが、継続的にそれをやられると「来るな!」と言われているようで、また、ここも工作されているのかと思うとショックでもある。しかし、あるスーパーには行き続けているのだが、今は収まったように思う。呆れたか無視するに決めたのかは分からない。行くたびに疑心暗鬼になる。また、かなり早い段階から、身内(保証人と言う関係もあるが)にも告げ口しているようだから、思いつきでやっているようないい加減なものではなく、計画性を持って追い込んでいると思う。まさに、四面楚歌状態にする気であるようである。もし、会う人に、あるいは、知人に工作して回り疎遠にしたり店に行けなくなる様に仕向けるとしたら、もはやそこでは生活出来なくすると言うことだと思う。もしこれが行われるとしたら、工作員側も付きまとい、工作とエネルギーを相当使うわけだが、経済的にはまったく引き合わないだろう。

 加害者は、会社か会社が依頼した集スト集団だと思う。でないと、身内に電話をかけることは出来ないし、架ける理由がないだろう。だからそう思うのだが、これは集ストを考えるヒントになるのではないかと思う。そして、退職後もほどんど同じような「嫌がらせ」が続いていることが、また、推測を困難にする。一応依願退職で、在職中「退職」と言い出したことがあり、それを根に持っているのかとも思うが、それも、辞めた無関係だろ思うのだが・・・

 勤めていた会社が、創価と関係があると言う証拠はないが、学会員は少なからずいるのは間違いないだろう、また、その会社は、北朝鮮にプラント輸出をしていたことを思い出し、半島と何か関係があるのかとも思うのだが、ただ、想像してみるだけである。(中小企業ながら、海外に工場は出て行っていて、北朝鮮だけではないが)

 勤めていた時、結構将来有望と思われる人が、急に辞めたことがあったけど、あれは、創価.に入ることを条件にされたので辞めたのではないかとかなり無理な想像もして見る。その辺の事情を知らないと言うことが、自分の会社でのポジションを分かっていただけると思う。

 

|

« 晴天 | トップページ | 雨・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502264/40971676

この記事へのトラックバック一覧です: 留守かな:

« 晴天 | トップページ | 雨・・・ »