« 布団叩きの季節到来 | トップページ | 集ストの街宣 »

2009年4月 7日 (火)

春うらら

 ある日、ちょっと銀行の通帳記入の必要性が出てきたので隣の市まで出かけた。

 まず、そこに行く前に工作員が出てくるか例の洗車場に行ってしばらく待っていたが、不審車両は現れなかった。ここで現れる不審車両とは、洗車場に来ても洗車もせずじーっと停車したままの状態を言う。そして、城の近くの駐車場に行ってここでも半ドア不審車両が現れるか待ってみたが現れなかった。

 次に創価系といわれるジュンク堂に文庫本を買いに言った。が、特に咳払いは聞こえてこなかった。梅田のビルの5Fにあるジュンク堂に言ったら、ものの見事に咳払いが聞こえてきた。店内で立ち読みしていたら咳払いが聞こえ来たが気のせいだと言い聞かせレジに行ったら物の見事にその期待は裏切られた。レジで咳払いするわするわ、どうして俺が見分けがつくのか分からないが、気のせいなどではない。レジでたとえ偶然だとしても咳払いなどしないだろう。相手も客商売なのだから、くしゃみではなく咳払いである。それが、故意かどうかはその場で分かる。工作員恐るべし。防犯カメラで識別しているのかネットで顔写真が流れているのかと思わざるを得ないほど、意表をつくものだった。そこに行くのは初めてでもあり、さらに驚いた。

 今日言ったジュンク堂では、古いギフト券を使ったものだから、有効か調べるのに20分近くかかった。顔を覚えられるには十分な時間であった。ついでに、人間革命がおいてあるか端末で調べてみると、リストがずらりと出てきた。これは、どこの本屋でもあるのかな?

 次に恐怖の散髪屋に入ったが、特に気になる咳払いもなく、気持ちよく散髪できた。これが、手が回っていると実にいやな感じになってくるものなのだ。

 次に、洗車場に行った。これは、実に気まぐれで誰かが予想できるような行動ではない。ほかにも、数台車が来ており怪しい車はなかったと思う。ここで言う怪しい車とは、本気で洗車や掃除をしようとしない車のことで、気のせいかこちらの視界に入るように駐車するのが特徴である。で、洗車をしているとどこかのおっさんがシャワーの使い方を教えてくれと言った。で、自分の知っていることを教えた。そして、やたら「ありがとう、ありがとう」とわざとらしいくらい繰り返して帰っていった。その時、そのおっさんは自転車に乗っていた。その時は可笑しく思わなかったのだが、洗車場に自転車で来るか普通?それに、シャワーの使い方など説明を読めば分かることで、その一連の馬鹿丁寧な言い方など、わざとらしくもあり、ひょっとしたら工作員?とも思ってしまう。自転車でわざわざ遠くから来るとも思えんし、後からどうも変ではないかと思っています。ジャージを着たぼんやりしたおっさんで、俺をからかったのだろうか?

 兎に角、咳払いは異常に反応するようになってしまった。

 また、場所を移動し、かっぱ寿司に行った。ここは、何度行っても咳払いも聞こえず、店員もわざとらしい嫌がらせもしない。まさか、ここに行っている事を工作員が知らんわけもないと思うのだが、工作しにくいのか?

 やはり、怪しいのはあのおっさんだな、でも、あそこで自分を見つけるには、こちらの情報を知っていなければならず、またずっと付回さないと場所は特定できないはずである。車に何かついている可能性も高いが(調べる金がない&依頼しにくい、探偵は高いし)ずっと付回すことなどありえんとお思いでしょうが、これが今までの経験からあると考えざるを得ない。それは、不気味である。

 たとえば、一日中付回していて、たった一回すれ違うときに咳払いをかます。そんな気の長いことをするかと考えたりするのだが、やはり、ありうると考えざるを得ないのが今の心境である。

|

« 布団叩きの季節到来 | トップページ | 集ストの街宣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

警備会社も創価に情報提供していますよ。
それに、あなたがターゲットだというサインを彼らは持っています。
頭の上でそれをしめすのです。
警察も病院、医療もあなたの見方はありません。
私もそうです。
血液検査もでたらめのものを出されます。
創価は恐ろしいカルトです。
幼稚園児から障害者まで、私たちを攻撃するでしょう。
完全に無視しましょう。

投稿: マチルダ | 2009年4月26日 (日) 01時32分

はじめてコメントさせていただきます。(50代主婦です)

集団ストーカーへの社会的認知は、全くなされていないのが現状だと思います。
事実の歪曲、あるいは無視が通常の反応です。
数多いサイトを見ていくと、まやかしのサイトの多いこと!
それでも、真摯に被害を訴えている人のサイトは、すぐに分かります。

私は、現在ブログで集団ストーカーを題材にした小説を書いています。
小説・集団ストーカー「D氏への手紙」です。
読んで頂ければ幸いです。  http://mrsmaruko.blog78.fc2.com/。

投稿: ミセスまるこ | 2009年7月 9日 (木) 15時22分

どうもアクセスいただきありがとうございます。

投稿: gbc | 2009年7月 9日 (木) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502264/44598530

この記事へのトラックバック一覧です: 春うらら:

« 布団叩きの季節到来 | トップページ | 集ストの街宣 »