« 唯一の家族所帯 | トップページ | 土曜日は人の出入りが多い。 »

2009年5月14日 (木)

真正面の男

 自分の部屋の真正面に位置する部屋の男は、あさ8時ごろ出かけ夜も結構遅い。しかし、知ってか知らずか唯一ドアの音を立てない男である。嫌がらせが住人ぐるみであるようなのに、そんなことは意に介さないのかそれは分からない。咳払いやわざとらしい生活音を立てているかもしれないが余り気づかない。
 このアパートで新聞を取っている人はいるが、見た限り聖教新聞は見たことがない。みな読売だの朝日だのである。例の中年夫婦も聖教新聞を取っていないようである。
 今日も、おばはんのところに誰かが尋ねてきたが、たまたまドア付近にいたらわざとらしい咳払いをしていた。それが意識的だと決め付けるわけではないが、どうもまったくの赤の他人でも自分の誹謗中傷を言いふらし嫌がらせに加担させるのが癖のようである。それが、創価関係によるものかは分からない。  
 テレビニュースで、防犯カメラの進歩具合を紹介していたが、人を判別したりおかしなもの置いて行ったら警告できるようになっているらしい。

|

« 唯一の家族所帯 | トップページ | 土曜日は人の出入りが多い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502264/45012245

この記事へのトラックバック一覧です: 真正面の男:

« 唯一の家族所帯 | トップページ | 土曜日は人の出入りが多い。 »