« 散髪 | トップページ | これは核心に迫っているかも »

2009年6月27日 (土)

最近のスーパーでは

 気のせいか知らないが、余り咳払いが聞こえなくなってきた気がする。気にしなくなったからではなく実際に咳払い攻撃は影を潜めたのかも知れない、以前に比べたらであるが。以前は買い物中でも、またレジを通るときでもそれとなくレジ打ちが咳払いをする事があった。レジにいる人間が咳払いはしないだろう。しかし、そこまで手が廻っているわけがないとお思いでしょうが、店舗全体に工作が仕掛けられても不思議ではないと思うし実際工作に店長からパートまで分け隔てがない気が経験上する。また、防犯カメラでも人物を判定しているかも知れないが、これは妄想である。これが一時的なのかどうかは分からない。ニュースで防犯カメラによって不審な行動をする人を検出するソフトを開発し万引きに対処すると言っていたがそこまでやるかの勢いである。店側に有利なら個人のプライバシーなどどうでもいいといわんばかりの強欲さである。あれでお客様第一と言うからあきれる。

 今住んでいるアパートに平行に立っているアパート(布団叩きが聞こえてくる)があり、自分の部屋の正面の部屋がしばらく空いていたのだが、誰かが入るようで部屋の改装をしているようで派手に音が聞こえてくる。個人が入るのにそこまでするのか、そこまでしないと人が入らないのかどうかはよく分からないが、何事もないように願うのみである。なにやら雰囲気では作業している方向から咳払いやとってつけたような音が響くのでもう手が廻っているのかも知れない。今のところ、意図的に嫌がらせをしているのは主に下の女二人だけなのでこれ以上実行部隊が増えないことを願うのみである。

 小型カメラでドアの外を撮る事があるのだが、その映像が不安定でよく映らなくなることがあり、そのつど、コードを抜き差ししたり電源を落したりしていた。どうも、安物のAVコード(10M)でノイズに弱いのではないかと思っていたが、今まで撮りだめていた映像をキャプチャーする為にAVコードを抜き差ししていたら2つあるカメラがどちらも映らなくなってしまい、コードが帯電したのか静電気か何かのせいなのか分からずじまいで結局コードを買いなおした。結局高くついたが今まで見えていたものが見えないのは不安なもので、今まで見えていたのはなんだったのか不可思議である。今の今まで見えていたのに。その見えるようになった映像でドアの外を確認するとまたあの部屋の若夫婦が子連れで来ていた。こんな狭いアパートに泊りがけで何しに来るんだろう。押しかけてきているようでもある。こっちは顔も知らないが向こうはこっちを知っていると言うのが集団ストーカーの証拠の一つだと思っている。

|

« 散髪 | トップページ | これは核心に迫っているかも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502264/45469904

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のスーパーでは:

« 散髪 | トップページ | これは核心に迫っているかも »