« 京都のストーカー | トップページ | 貧困層の4つの選択 »

2009年7月18日 (土)

最近の傾向

 最近スーパーや本屋に行っても咳払いがあまり聞こえない気がする。これは集ストがおさまったのではなく、もう十分その効果をあげたからその必要性が薄らいだということではないかと思う。後は時間の問題だと思っているのかもしれない。それはたまたまだったり咳払いされそうなところには極力行かなくなったからということも考えられる。昔、散髪屋でこちらの素性を知っているかのような気分の悪くなる物言いをされたり、スーパーでどこからともなく聞こえてくる不自然な咳払いが聞こえてきた頃とは若干空気が変わってきたような気がする。昨日も出かけて以前にも行ったことのある本屋に行ったのだが別段咳払いは聞こえてこなかった。店員も近づいてきたが何も不審な行動は感じなかった。時には此方の顔を知っているがの如くわざとらしく挨拶をしてくることがあったりするのだがそれもなかった。こういうほっとする感覚は久しぶりだ。いつ咳払いが聞こえてくるかはらはらしながら立ち読みしていたことがはるか昔のことのようだ。集ストがネットで知られてきたのでその影響もあるのかも知れないがそんなに簡単におさまるものではないだろう。それでは集ストの意味がないと思うからである。

|

« 京都のストーカー | トップページ | 貧困層の4つの選択 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502264/45669818

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の傾向:

« 京都のストーカー | トップページ | 貧困層の4つの選択 »