« 2011年10月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

執拗に続く嫌がらせ

集スト被害を認識しだしてから、10年を超えるが今も始まったときと同様の嫌がらせが続いている。それは、自分の行動を付回し誹謗中傷を言いふらしているらしく、次に行くと嫌がらせの咳払いをしたり、態度が横柄だったりと態度が変わっているのである。兎に角、態度が急に白々しくなり、次から来にくくする様な態度なのである。それも、最近、行きだしたところでも、間髪を入れないように、付回してそこの店員などに手を回しているようなのである。どう考えても、自分を付回している誰かが居るようでならない。それは、拉致のような気味悪さで、とても素人の犯罪とは思えないのである。
今日の大阪の集スト街宣を、見に行こうかと思ったが億劫になってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

激突!

469 無名画座@リバイバル上映中 sage 
この映画はジェンダーフリーの映画なんだよ、
赤い車は女を象徴している、それは、ドライブインにいた女が赤いワンピースだったから
冒頭のカーラジオから流れてくる国勢調査についてのトークは、男女の役割について逆転現象が起こりつつあることを
象徴している。英語がわからないので、そのほかのカーラジオのニュースは分からないのだが
そのほかにも、ジェンフリをにおわすトークがあるのかもしれない。
人物も小道具もその線で統一されているのだろう。
夫婦喧嘩のネタも決して偶然ではないはず。崩壊する家族の象徴か?
結末は、古い伝統の破壊、女性の解放である。
如何に、それと悟られずに人々を洗脳していくかのいい例である。
激突のビデオを持っていたのだが、テープが切れてしまった。

470 無名画座@リバイバル上映中 sage 
奥さんも赤い服。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年9月 »