ニュース

2009年7月 7日 (火)

誰でもよかった殺人

 大阪でパチンコ屋に放火してたくさんの死傷者が出たニュースが伝えられているが、道連れ殺人のような気がする。仕事も金もなくやけくそになっての犯行のようだ。死刑になりたかったのか?

 西に向かったのは実家があるからなのか、しかし実家には寄らず山口で自首している。死に切れなかったのかな?死ぬ前に実家や故郷を見たかったのかも知れない。犯人を責めるのは簡単だが、それだけではこのような犯行は後を絶たないだろう。ひょっとして犯人はネットに影響されてパチンコ屋を経営している在日とかに悪感情を持っていたかも知れないな。一時は結婚もしていたというのにもったいないな。周囲の人の話では、余り人付き合いはうまくなかったようだ。この点はまるで自分のことのよう。犯人も悪いが不景気になって日本社会の脆さがあらわになってきたと言う事ではないだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

ドアの開け閉めの音や洗濯機の音がうるさかった・・・

 川崎でアパートの大家ら3人を刺殺する事件が起きた。「大家さんの出す音がうるさかった」と言う。大家さんの弟が住む部屋から洗濯機の音やドアの開閉の音、階段の上がり降りの音などの生活音がうるさかったとのこと。まさに、自分とぴったりではないか?これは単にそのアパートに住んでいた犯人が無職で暴力団関係者らしいので追い出したかったのかも知れない。そりゃ暴力団で無職なら追い出したくもなるだろう。それとも犯人の被害妄想だったのかもしれない。偶然と言うかアパートで嫌がらせとなると、生活音をたてるぐらいだろうから自分と似通ってくるのかな。これは集ストとまでは行かないかもしれないが、こういうこともありうるということで自分の受けている嫌がらせもまんざらはずれでもあるまい。
 また、兵庫では「悪魔がうるさい」と自分の住むアパートの部屋に火をつけたとする放火の疑いで、これまた無職の50代の男が捕まっている。この手の犯罪が増えてきたな。とても人事には思えない事件であった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)