日記・コラム・つぶやき

2012年9月26日 (水)

そう言えば細菌布団叩きがほとんどない。

最近の様子はと言うと、やはり咳払いが周囲から聞こえてくると言うことだ。以前から聞こえる奇声、そして、窓の開け閉めの音、空咳。どれも、生活音と言えば、それまでなのだが意図的に聞こえる。第一、外に響きわらるくらいに大きな咳や奇声は上げない。そして、ふと気づくと布団叩きの音がめっきり減ったと言うか此処最近聞いたことがない。あれほど、布団叩きをしていたのに、やはり、数年前のあの布団叩きは意図的な嫌がらせだったと思う。その代わり、咳払いが、ちょくちょく聞こえてくる。窓の外から聞こえてくるというのは、日常生活ではそうないだろう。布団叩きは疲れるからだろう。しかし、従来から、咳払いは共通している。
カメラ撮影が発覚してから、窓側の撮影は出来なくなったのだが、嫌がらせは続いている。街で立ち寄り先での嫌がらせも続いている。誰かが付きまとっているのは間違いない。それも、尋常ではない執拗さで。経験されてない人には想像が出来ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

執拗に続く嫌がらせ

集スト被害を認識しだしてから、10年を超えるが今も始まったときと同様の嫌がらせが続いている。それは、自分の行動を付回し誹謗中傷を言いふらしているらしく、次に行くと嫌がらせの咳払いをしたり、態度が横柄だったりと態度が変わっているのである。兎に角、態度が急に白々しくなり、次から来にくくする様な態度なのである。それも、最近、行きだしたところでも、間髪を入れないように、付回してそこの店員などに手を回しているようなのである。どう考えても、自分を付回している誰かが居るようでならない。それは、拉致のような気味悪さで、とても素人の犯罪とは思えないのである。
今日の大阪の集スト街宣を、見に行こうかと思ったが億劫になってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

怪しい人

 今いるアパートの一人の男が引きこもり状態なのである。一日中部屋にいるようで時々出たり入ったりしている。勤めている風はなく何処かに遠出して部屋を留守にするようなこともないようだ。それに気づいて数年経つ。その男の出入りをぼんやり見ることが出来るようになったからだ。たまに黒いスーツを着た男が2人来て部屋の男を呼び出し何か忠告でもしているようなシーンを数回目にした。役所の人間にも見えにくい。想像するに男は生活保護を受け、その交渉をした男たちにピンはねでもされているように見える。何者なんだろう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

色々と考えてみるに

去年の7月にアクシデントがあり、それ以降あまり書いてないのですが、それでも検索間違いか何かで見られているようだ。最近パチンコ反対がかまびすしいが、そこから色々見えてくるものがあると思う。集ストの正体は依然分からずじまいだが、在日、創価、統一?連合あたりだと思う。その資金源はパチンコか?ようつべの動画で拉致被害者の訴えを撮ったものがあるが、警察が拉致にあまり熱心でないということなので、ひょっとしてパチンコマネーがまわっているのかなと思う。政治家も統一教会と親密だったりともうどろどろになっているのかもしれない。在日の間では日本人拉致は知られていたようで何をか言わんやである。知らないのは一般国民だけか。
 以前悩まされた布団叩きも以前ほどはないし、物もあまり叩かなくなった。それに、あれほど朝早くから洗濯していたのに最近はそれもぱったりやんだ(それも自分に対するある種の嫌がらせだと思う)。洗濯するといえば昼前後である。こう考えてみると、もう嫌がらせをやるのに向こうが疲れたのだと思う。決して偶然や気のせいではないと思う。布団叩きばあさんが引っ越し直後には、布団叩きもあったが数回でやめ、わざとらしい早朝の洗濯もやめ、小さなマット叩きも時々やる程度。然し、洗濯機の蓋をパタンと閉じる?音は未だに響かせている。その隣のおばはんもあまり布団叩きはしなくなった気がする。よく聞こえていたわざとらしい咳払いも最近は回数が減ってきた感じがする。それもこれもお前の気にしすぎやと言われるかも知れないが、長い時間がたって、その変化を見ると、そう思わざるを得ない。少なくとも、嫌がらせの連携が自分の周りで行われているのは変わりないと思う。また、付回しは今でも消えたわけではない。だから、買い物、散髪、食事などで外出する際は気が気ではない。おおよそ世間の常識でそんな事はないと言われそうだが、こればかりは被害者でないと分からないと思う。というより付回しは間違いなくあり、それは経済的破綻を狙っているがごとくである。戦後、在日は大暴れして日本人を殺すことも当たり前だったと聞くが、その末裔だと思う。それなら、考えられる。現に総連が拉致に関係していると思われていれば、後は何をしてもおかしくない。ネットにある電磁波攻撃や思考盗聴などないと思うし、そんなものがあればストーカーなど必要ないと思うのだが、日本人を破滅に追い込む国内拉致と言えるようなものはあるような気がする。トラブルの原因となった正面アパートのアジア人女のベランダには未だにすだれがかけられている。それも、仕方ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

いろいろありまして

 ココログをほったらかしにしていたが実はちょっとしたアクシデントがありまして。もうアパートの窓からWEBカメラを出して撮影できなくなってしまった。それまでは平気で外の風景を撮ったり布団叩きや物音のする方向を撮っていたのだが、以前にも書いた東南アジア女か大家だかが通報したのだ。よって、ネットにあげていた動画もそれ関係は削除した。赤の他人に無断でカメラを向けると”盗撮”になると言われればそれまでなのだが。よって証拠の動画を撮ると言うのは、すべて盗撮になってしまうことになる。最近は、カメラを人に向けただけで盗撮呼ばわりされかねない世の中なので難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

アスペルガー症候群

NHKのクローズアップ現代で「アスペルガー症候群」について放送していた。アスペルガー症候群とは、知的障害の見られない自閉症と言われているそうで、対人関係が苦手、相手の気持ちを思いやれない。こだわりが強い。よって現代社会では生きにくい病気だそうだ。それが性格的なものかどうか見極めが難しいとも思うのだが、自分も対人関係が苦手と言うのは当たっているかも知れない。番組では、アインシュタインやニュートンなどとっぴな例や人間関係が苦手でうまく就職できなかったけど、高学歴だが病気を認めた上で採用した会社で人にない才能で生活している人など、成功例のみを紹介しているようにも見える。自分はもともと人付き合いが苦手でしかも今から思えば大人気ないものの考え方で人とうまくやっていけなかったのも無理はないなと思う。しかし自分はアスペルガー症候群でもなんでも ないだろう。しかし、それも会社内の話であり、やめてからのストーカー被害は説明できない。

 睡眠時無呼吸症候群のように、何かの病名をつけて障害とも言えない障害を社会的に認知させ社会に受け入れさせようとしているのかとも疑ってしまう。何でもかんでも病気だとしてしまうと社会の規範が緩んでしまうような気もする。何か胡散臭さも感じる今日この頃でる。Untitled_385_q

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

晴天

011_m今日は晴天で真正面に位置するアパートの3軒までが布団を干していた。また、マットのようなものをたたく音が聞こえてきた。いい天気なので布団を干してもそれほど気にもならなくなってきた。ただし、以前からわざとらしい布団の干し方をする婆は或いは意図的かもしれないが、すっかり回数が減ったな。もういちいち気にするのがばかばかしくなってきた。また、動画が録れたら投稿サイトに上げよう。しかし、奇声はまだまだ聞こえてくるのでなんとか録って聞いていただきたい。
 相変わらず親子殺しや無理心中が多いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

寒い

Untitled_558_50 今日も天気が悪く寒い。洗濯女は昼を回って洗濯しだした。寒さがこたえるのか?洗濯機の蓋を音を立てて閉めるのが最近の嫌がらせである。昨日の夜はしゃくりあげるような奇声が聞こえてきた。洗濯女とこの奇声の主は同じはずである。なぜなら、引っ越してきたその日に引越し先の部屋から聞こえてきたからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

花冷え

047_s

 天気がはっきりしない肌寒い日が続いている。洗濯女も一時の勢いはなく洗濯回数も減り、早くても8時以降遅いときは昼からやっと始める有様であるl。去年の洗濯はなんだったんだ?しかし、マットはたたくことがあり嫌がらせの意思はまだあるようだ。洗濯女が嫌がらせをする事情は知っていることは間違いない。そう言えばあの奇声も最近また聞こえてこなくなったな。その上の階のダンサーかとも思えるフィリピーナ?にまでは手が回っていないようで気になる生活音はない。他にも時々布団をたたくような音が聞こえてくるが、それも嫌がらせに思えなくもない。

 とにかく、まだ寒いのでこれからあいつ等の生活音がうるさくなるかどうかは分からない。

 アパートの住人の生活行動もだいぶつかめてきた。全部で7人か、その中に日中アパートにいて部屋を出入りする中年とリタイヤ男の二人がいるようである。後の人間は勤め人のようである。中年男が実に怪しいが、まさか自分を見張っているわけではないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

夕暮れ

Untitled_49890

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧